生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

おせち料理 お正月

おせち料理の意味と由来

投稿日:2014年9月28日 更新日:

お正月ってどうして”おせち料理”を
食べるんでしょうか?

おせち料理の伝統的な献立には
どんな由来や意味があるのか
まとめました^^

スポンサーリンク

 

おせち料理(御節料理)の意味

 おせち・三段重2

おせち料理(御節料理)とは、節日に作られる
料理のことで、

(節日とは日本の伝統行事を行う季節の節目、
現在では”節句”という呼び方のほうが一般的です)

年に数回ある節日のうち、最も重要なのが正月なので、
正月の節日の料理のことを”おせち料理(御節料理)”
と呼ぶようになったんだそうです。

 

おせち料理の由来

おせち料理は、奈良時代の節会(せちえ)という
宮廷行事(宮廷の饗宴を伴う公式行事)に由来し、
この風習が後に一般市民へと浸透していった、
ということです。

それまでは、年に数回ある行事のお料理すべてを
指したそうですが、正月料理として定着させたのは
江戸時代の武家の風習なんだそうです。

当時は重箱に詰める形ではなく、お膳に盛られた料理
だったそうですが、明治以降、重箱に詰めたものを
”おせち料理”と呼ぶようになっていきました。

スポンサーリンク

重箱に詰めるスタイルが完全に確立されたのは
第二次世界大戦以後で、デパート等が見栄えの良い
重箱詰めのおせち料理を販売したことからだとも
言われているんだそうです。

 

主な各おせち料理の意味

・数の子・・・子孫繁栄(卵の数の多さから)

・黒豆・・・・まめになるように

・田作り(ごまめ)・・・五穀豊穣を願って

・かまぼこ・・・初日の出の形に似ているから

・たたきごぼう・・・家族全員安泰に
(ごぼうが地中深く根を張ることから)

・海老・・・長寿を願って
(ひげが長く、腰が曲がっていることから)

・焼き鯛・・・めでたいの語呂合わせ
(関西では睨み鯛、3が日は手を付けない)

・鰤の焼き物・・・出世するように(鰤が出世魚なので)

・紅白なます・・・縁起の良い紅白の水引の意味

・酢蓮根・・・穴が多いことから、見通しが利くように

・昆布巻き・・・”よろこぶ”との語呂合わせ

・くわい・・・芽が出るように(出世するように)

・栗きんとん・・・金を招くように

 

まとめ

正月三ケ日の間は、台所に神様がおられるので、
火を使わないように3日分作り置きしておくもの、

また、普段炊事で忙しい女性が、正月くらいは
楽できるように・・・

おぼろげながら、そういう認識しかありませんでしたが、
おせち料理って、とても縁起の良い料理だったんですね。

日持ちし、かつ、正月を祝うにふさわしい料理・・・
さすが、昔の人の知恵はすごいですね!

おせちに入れる、昔ながらの伝統料理は
だいたい献立が決まってますが、
その由来と意味を知っておくことで、
ありきたりなおせちも、また違った味わい
になるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

-おせち料理, お正月
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おせち料理・ぶりの照り焼き・ホタテうま煮・松風焼きの作り方

おせち料理におすすめの、ホタテうま煮・ ぶり照り焼き・松風焼きの作り方をご紹介します。 スポンサーリンク おせちだけではなく、普段のおかずや お弁当にもぜひ! スポンサーリンク 関連

おせち料理の作り方・定番メニュー棒鱈のうま煮・ゆりねの含め煮

棒鱈やゆりねはおせち料理の中でも 定番ですね! スポンサーリンク 子供にも意外と(!?)人気のある 棒鱈のうま煮とゆりねの含め煮の作り方を ご紹介します。 スポンサーリンク 関連

おみくじとは?由来と歴史、結ぶ?結ばない?取り扱い方のマナー

おみくじは初詣などで、運勢占い として気軽に引きますよね^^ 寺社へのお参りの後、楽しみに している人はとても多いです。 スポンサーリンク そんな、おみくじの由来や意味、 取り扱い方のマナーを まとめ …

おみくじの意味一覧と用語の正しい読み方、運勢の種類と順番は?

おみくじに書かれている言葉って ちょっとムズカシイですよね^^; 正しい読み方ができる人って 少ないと思います。 スポンサーリンク おみくじの用語の意味や、 吉や凶など運勢の順番を まとめました^^ …

おせち料理・たたきごぼう・酢の物(紅白なます)の作り方

おせち料理の定番メニュー、たたきごぼうと 酢の物(紅白なます)のレシピです。 スポンサーリンク 2つとも、思ったより簡単なので、 ぜひ、作ってみてくださいね! スポンサーリンク 関連

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー