生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

健康・美容・ダイエット

ヨーグルトのホエーを美容に活用!しみ・そばかす・黒ずみをケア

投稿日:2015年7月9日 更新日:

水きりヨーグルトや焼きヨーグルトなどを
作った時に出る上澄み液(ホエー)が
美容にとても良いって知ってました?

美白・保湿など様々な効果で美肌に役立つ
ホエーの利用方法をまとめました。

スポンサーリンク

ヨーグルトのホエーを美容に活用!しみ・そばかす・黒ずみをケア

6a42ddba27990f5b611ecc46578c2c12_s-1
ホエーの成分は皮膚細胞の成分とよく似ているので、
美肌作りには欠かせない成分だとして、
とても注目されています。

その効果・効能は

免疫力UP・代謝促進・抗酸化作用・抗炎症作用・
保湿・美白・・・ etc…

ホエーの効果・効能について、
詳しくはこちらの記事をご覧ください^^
    ↓     ↓
ヨーグルトの上澄み液ホエーとは?効果・効能・栄養素・カロリーについて
                                                    
コットンパック
pack_face-1
ホエーをコットンに滲み込ませて顔にのせるだけ。
3~5分ほどで取り除き、よく洗い流してください。

ホエーには美白作用があるので、毛穴の黒ずみや
しみ・そばかすなどに効果的です。

ホエーはピーリング効果があるので、
あまり長い時間置かない方がいいですよ^^
                                                    
化粧水でケア
cosmetic_lotion-1
精製水とホエーを、2:1の割合で混ぜ、
これを普通の化粧水と同じように使用するだけ。

ホエーのアンチエイジング作用でしわの改善が
期待できます。

ただし、日持ちしないので、その日中に使うか、
冷蔵庫で保管して2~3日中に使い切るように
してください。
                                                    
お風呂に入れる
ofuro_nyuyokuzai_woman-1
ホエーをお風呂にそのまま入れるだけ。
臭いが気になるときはアロマオイルを一緒に
入れてもいいですね。

ホエーには保湿効果があるので肌がしっとりしますよ^^

また、ピーリング効果もあるので、肌を柔らかくし、
古い角質を取り除く効果もあります。

スポンサーリンク

                                                    

まとめ

ホエーの持つ美容効果は、
女性には大変うれしいものばかりですね^^

でも、人によって肌に合う・合わないがあるので、
使用前にパッチテストをしておくと安心です。

ピーリング効果もあるので、敏感肌の人は
特に注意してくださいね。

また、使用中に刺激を感じるようならすぐに中断し、
よく洗い流すようにしてください。

-健康・美容・ダイエット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ほうれい線が消える体操 舌回しのやり方 原因と笑顔の関係とは?

ほうれい線が消えると話題の舌回し体操(ベロ回し体操)。 ほうれい線だけではなく、たるみや二重あご、 顔のゆがみにまで効果があるんだそうです! スポンサーリンク やり方はとても簡単なので、ぜひ、試してみ …

ドライいちじくでワインのおつまみ 簡単レシピ集

ドライいちじくを使った ワインに良く合うおつまみを ご紹介します! ドライいちじくのプチプチした食感と、 自然な甘みがアクセントになっていて、 病み付きになりますよ^^ すごく簡単に作れて、 お酒のお …

ギーとバターの違いとは?おすすめはバターコーヒーの代用に

ギーとバターってどう違うのかご存知ですか? ギーはバターから作られるんですが、栄養成分など、 微妙に違いがあります。 ギーとバターにはどういった特徴があるのか、 ダイエットにはどちらが向いているのか、 …

カカオニブとは?効果・効能と1日の摂取量 食べ方

今話題のスーパーフード”カカオニブ” カカオニブって何? どんな効果(効能)があるの? 1日にどのくらい摂るのが良い? 食べ方がわからない! など、カカオニブについての疑問を徹底調査しました! &nb …

花粉症 症状 緩和方法 ハーブやアロマオイルでくしゃみ・鼻づまり対策

ハーブやアロマというと、 リラックス効果や安眠効果などが 注目されがちですが、 それだけじゃないんです^^ スポンサーリンク 花粉症の辛い症状、 鼻水・鼻づまり・のどの痛みなどの 粘膜の炎症や、目のか …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー