生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

その他

喪中の新年メールへの返信の文例 挨拶のマナーについて

投稿日:

喪中の連絡を、
あらかじめできなかった時などに、

年賀メールをもらうことって
ありますよね?

そんな時、返信は
どうすれば良いのでしょうか?

相手に失礼に当たらないマナーや、
返信の文例をまとめました。

 
 

スポンサーリンク

 
 

喪中の新年メールへの返信 挨拶のマナーについて

喪中の時に、新年の挨拶メールをもらったら、
はがきのように松の内明けまで待たず、
なるべく早く返信するようにしましょう。
 

その際、喪中の連絡ができなかったことへの
お詫びの文章を一言入れると良いですね!
 

ただ、わざわざ喪中を知らせなくても
良いような間柄の人へは

かえって気を遣わせてしまう場合もあるので
お詫びの文章は入れなくても良いと思います。
 

ご自分と相手の方の関係性を
よく見極めたうえで、
判断なさってくださいね!

 

さて、返信メールについてですが、
絵文字やデコなどは
控えるほうが良いでしょう。
 

※これも、相手によります。

 

そして、”おめでとうございます”
”謹賀新年”などの、お祝いの言葉も
避けるようにします。
 

旧年中、お世話になった感謝の気持ちと、
今年も変わらぬお付き合いを願う言葉を
贈ればよいと思います。

 

では、具体的な文例は、
次の章で見ていきましょう!

 
 
 

スポンサーリンク

 
 
 

喪中の新年メールへの返信の文例

喪中の時は、お祝い事を控えるので、
祝い言葉は入れないように、気を付けましょう!

 

文例
 

早々の年始のご挨拶をありがとうございました。
 

昨年、○月(○日)に、身内に不幸があったため、
年始のご挨拶を控えさせていただきました。

ご連絡が行き届かず、申し訳ありません。
 

旧年中は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願い申し上げます。  署名

 
 

親しい間柄の人への返信は、
上記の文章をもっとくだけた表現に
アレンジしてくださいね!
 

そして、上の章でも述べましたが、
喪中を知らせなくても良いような
間柄の人に向けての返信なら、
 

”昨年はお世話になりました。
 今年もよろしくお願いします。”
 

これだけでも良いと思います。
 

また、絵文字やデコも、控えめなものなら
使用しても良いと思います。
 

要は、相手に気を遣わせないように、
という想いが大事なので、

ご自身と相手の方の関係性を
よく見極めたうえで、判断なさってください。

 

関連記事

喪中の年末年始の過ごし方・やるべきことと控えること

喪中と忌中の違いとは?読み方と意味 期間など神道と仏教での違い

喪中のときの正月料理 おせちやお雑煮は食べても良い?

おせち料理の意味と由来

 
 

スポンサーリンク

-その他
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

喪中の年末年始の過ごし方・やるべきことと控えること

喪中の時って、お祝い事は避けるべき、 というのは解っていても、では実際、 年末年始はどう過ごせばいいの? 何をどこまでやっていいの? と、戸惑ってしまいますよね・・・ 墓参りや旅行、年越しそば、初詣な …

顔のテカリを抑える方法・化粧崩れの悩みを解消するスキンケアと化粧法

化粧をしても、 しばらくすると顔がテカリだし、 すぐに化粧崩れしてしまう・・・ 自分の肌に合うファンデを捜し、 コスメジプシーの旅から 帰ってこれない(><) そんなストレスから 解放されたいですよね …

喪中と忌中の違いとは?読み方と意味 期間など神道と仏教での違い

親族に不幸があった時、 ”喪中”や”忌中”という言葉を よく用いますが、 それぞれの違いや意味を ご存知でしょうか?   故人との関係によって変わる 忌中・喪中期間、 神道と仏教においての違 …

喪中の年末に年越しそばは食べても良い?意味と由来から解明します!

喪中の時って、 お祝い事は控えるのが通例ですが、 年末の年越しそばは 食べても良いんでしょうか? 年越しそばの意味や由来から その答えを探ってみたいと思います。   その他の喪中の年末年始の …

猫にとって危険な食べ物・植物etc.まとめ

人間にとっては何でもないものでも、 猫にとっては大変危険なものだった、 というものは意外とたくさんあります。 猫が誤って食べたりしないように、 遠ざけなければならないものを まとめてみました。 &nb …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー