厄年とは?意味と起源、年齢の正しい数え方、早生まれの厄年は?

厄年ってなんでしょうか?

前厄・本厄・後厄など、
言葉は聞いたことがあるけれど
今年の自分は厄年にあたるのか?

厄年の意味や数え方、早生まれの
場合はどうなるのか、などを
まとめました。

スポンサードリンク

 

厄年の数え方と年齢一覧

厄年は満年齢ではなく”数え年”で見ます。

数え年というのは、生まれた年を1歳と数える年の見方で、
満1歳は数え年で2歳、満2歳は数え3歳・・・というように、
満年齢にプラス1歳すると、数え年になります。

厄年は、男性と女性で違い、2015年はそれぞれ

2015年(平成27年1月1日~12月31日)

男性 前  厄 本  厄 後  厄
数え年 24歳 25歳 26歳
1992年 1991年 1990年
平成 4年 平成 3年 平成 2年
さる ひつじ うま
数え年 41歳 42歳 43歳
  1975年 1974年 1973年
  昭和50年 昭和49年 昭和48年
  うさぎ とら うし
数え年 60歳 61歳 62歳
1956年 1955年 1954年
昭和31年 昭和30年 昭和29年
さる ひつじ うま

2015年(平成27年1月1日~12月31日)

女性 前  厄 本  厄 後  厄
数え年 18歳 19歳 20歳
1998年 1997年 1996年
平成10年 平成 9年 平成 8年
とら うし ねずみ
数え年 32歳 33歳 34歳
1984年 1983年 1982年
昭和59年 昭和58年 昭和57年
ねずみ いのしし いぬ
数え年 36歳 37歳 38歳
1980年 1979年 1978年
昭和55年 昭和54年 昭和53年
さる ひつじ うま

となります。

スポンサードリンク

表の赤字は”大厄”の年で、
男性の大厄は数え42歳、女性の大厄は数え33歳です。

昔は、男性はちょうど社会的責任が重くなってくる年、
女性は子育てが忙しい時期、に当てはまる人が多かったので、

体調不良などを起こしやすかったからこのような年齢設定に
なったのではないか、という説もあります。

 

厄年にあたるのは、自分の誕生日から翌年の誕生日前日まで
ではないので注意してください。

では、厄年の始まりはいつからか。
これには諸説あって、明確に定められてはいません。

厄年は数え年で見るので、数え年の数え方
(ややこしいですね^^;)
では、年が改まると年齢が1歳プラスされます。

極端な例でいうと、大晦日に生まれたとすると、その日が1歳、
翌日が元日なので、次の日に2歳となります。

生まれて2日目で2歳って、変な感じですね^^;

 

さて、この数え年の基準となっている元日ですが、

グレゴリオ暦(現在用いられている暦で1月1日が元日)
を適用するのか、

旧暦(現在の節分2月3日が大晦日、立春2月4日が元日)
で見るのか、判断は人それぞれ、という状態です。

お寺や神社でさえもバラバラです。

したがって、1月1日または2月4日から1年間が
厄年にあたります。

 

早生まれ(1月1日~2月3日生まれ)の場合も
どちらで判断するかはその人次第、ということになります。

例えば、1992年(平成4年)1月生まれの男性の場合、

1月1日を元日とする場合は、2015年1年間が前厄ですが、

2月4日を元日とする場合は、2015年2月3日までが前厄、
2015年2月4日からは本厄となります。

つまり、旧暦で判断する場合は早生まれ(1月1日~
2月3日生まれ)の人は約1年繰り上がる、ということです。

 

厄年の起源は?いつ頃からあるの?

a0006_000646-1

厄年の起源は定かではなく、平安時代には既に
存在していたようです。

また、年齢もさまざまな年が厄年に指定されています。

地方によっても独自のいろいろな風習があり、
お祭りのようなお祝いをしたり、
七五三を厄年と考える地域もあります。

また、厄年は日本だけでなく、海外・キリスト教国や
イスラム教国にも同じような考え方があります。

根拠としては、男女とも人生においていろいろな意味での
節目の年に当たり、生活における多忙やプレッシャー
などで、精神的・肉体的にストレスがかかりやすく、
その影響が出やすいから、というところでしょうか。

体調不良になりやすかったり、不注意からけがや
事故などに遭いやすいので、十分注意して過ごすとともに、

それらを未然に防ぐ、という注意喚起の意味合いで、
お参りをして厄払いしてもらう、
というのが一般的な解釈だと思います。

なので、厄年だから「不幸がある」「不運に見舞われる」
ということではありませんので、必要以上に
不安に思うことはないですよ!

 

まとめ

厄年って、起源も時期も定かではなく、
年齢さえも諸説ある状態、という、
実にあやふやなものなんですね^^;

それに、最近はあまり気にしない人が増えていますよね^^

過ぎ去ってから、
「去年厄年だったのか・・・」
なんていう人も私の周りには いっぱいいます^^

ネガティブになり過ぎると不運を引き寄せてしまうので、
あまり深く考えすぎないのがいいんじゃないでしょうか。

ただ、体調不良を訴える人が多いなどという傾向も
あるようなので、健康管理や普段からうっかりミスを
しないような対策をしておくなど、
気をつけるに越したことはないですけどね^^

 

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

花粉症対策飲料・症状を和らげるビタミンや栄養素が入った飲み物
台風18号が近づいています・・・進路予想は?
おみくじの意味一覧と用語の正しい読み方、運勢の種類と順番は?
おみくじとは?由来と歴史、結ぶ?結ばない?取り扱い方のマナー
保育園の入園式の服装で親と子供は何を着たらいい?
お歳暮のベーコンレシピ・簡単料理の作り方
夏休みの自由研究 中学生が簡単に一日でできる天体観測
クリスマスパーティー・スイーツレシピ・簡単デザートの作り方
喪中の年末年始の過ごし方・やるべきことと控えること
西宮えびす祭り何時まで?イベントの開門神事その他の情報
祝日と祭日の違いって?休日との違いは?日本の祝日と祭日の一覧
台風情報・台風19号の進路予想は?
猫にとって危険な食べ物・植物etc.まとめ
顔のテカリを抑える方法・化粧崩れの悩みを解消するスキンケアと化粧法
花粉症の症状 風邪との違い、見分け方と対処方法について

Menu

HOME

TOP