夏至の食べ物って何がある?関東・関西その他各地の食事の習慣

夏至って、冬至のかぼちゃのように
なにか特別なものを食べてますか?

夏至の食べ物に関して、全国的な風習は
あまり聞かないんですが、

地方ごとにいろいろあるようですよ^^

そこで、各地の夏至の食べ物・食事の習慣を
まとめてみました!

スポンサードリンク

夏至はいつ?意味と2015年の日にち

994299283c94e90346ddaadc7df31a17_s-1
夏至とは二十四節気の第十、一年で最も昼の時間が長い日です。
天文学上では太陽黄経が90度になる瞬間を”夏至”といい、
夏至を含む日のことを”夏至日(げしび)”といいます。

毎年、6月21日頃になり、今年(2015年)の日にちは
6月22日(月)です。

来年(2016年)以降、3年間は6月21日、2019年は6月22日、
以降、2020年~2055年まではずっと6月21日になる計算です。
(地球の運行状態の変化などがなければ)

夏至から、その11日目にあたる半夏生(はんげしょう)
までの間は”田植えの時期”として、
毎年、水稲農家の方の大切な目安とされています。

”夏至の後、半夏生に入る前”に田植えを終わらせないと、
”半夏半作”といって、収穫が著しく減少する、
といわれています。
                                                        
いきなり小難しい冒頭ですが^^;
夏至って大体こんな日なんだな~、と思っていただければ^^
                                                        
さて、冬至の日にはかぼちゃとゆず湯、という全国的な
習慣がありますが、夏至の日には食べ物その他、
何か風習はあるんでしょうか?

あまり聞いたことはなかったんですが^^;
地方ごとに食べるものがあるようなので、
次の章で解説していきます^^
                                                        

夏至の食べ物 関東では何を食べる?

関東で夏至の食べ物といえば、小麦餅があります。

昔は稲だけでなく、小麦も同じ畑で栽培する、
二毛作の農家が多く、夏至の頃に新小麦が収穫されたので、

その小麦を使って焼き餅を作り、神様に豊作を願って
お供えしたりみんなで食べたりしていました。
                                                        
北海道では特にこれを食べる、といった決まりは
ないようですが、家庭によってはタコを食べる
ところもあるようです。

でも、夏至から半夏生のあいだにタコを食べるのは
大阪の一部の風習なので、もしかしたら大阪から
移住した人が続けてらっしゃるのかもしれませんね^^
                                                        
そして、関東かどうかは微妙ですが^^;長野でも
たこ飯を食べるご家庭があるようです。
                                                        

スポンサードリンク

夏至の食べ物 関西では何を食べる?

a0008_000408-2
関西での夏至の食べ物として有名なのは、
大阪のタコでしょう^^

植えたばかりの稲が、タコの足のようにしっかりと
根を張って豊作を願う、という意味があります。
                                                        
奈良では、小麦粉ともち米を混ぜた半夏生餅を作って
食べる風習があります。
半夏生餅(はんげしょうもち)が訛って
”はげっしょもち”と言うそうです^^
                                                        
京都では、1年のちょうど半分にあたる6月30日に、
残り半年の無病息災を願う”夏越の祓(なごしのはらい)”
という行事があり、その際に、”水無月(みなづき)”
という和菓子を食べます。

ういろうに、小豆(災厄払いの意味がある)を乗せた、
三角形(氷を表しているそうです)の和菓子です。

夏至の食べ物、というわけではありませんが^^;
ちょうど時期が一緒なのでご紹介しました^^
                                                        
三重ではミョウガを食べる風習があるようです。
ちょうどミョウガが旬を迎えるころだからでしょうか^^
                                                        
香川ではうどんを食べるんだそうです。
”半夏うどん”と言うんだそうですが、
香川県の人は夏至に限らず年中うどんを食べてらっしゃる
イメージがあるんですが^^;
                                                        

まとめ

関東・関西には属しませんが、

愛知の尾張地方では無花果(いちじく)田楽を
食べるんだそうです。

フルーツの無花果に田楽味噌をぬって食べるんだそうですが、
ちょっと不思議な感じがしますね^^;
                                                        
福井では半夏生の日にサバの丸焼きを食べるようです。
当時の大野藩主が、田植で疲れた農民に滋養のあるものを、
と、焼きサバを推奨したのが始まりだそうです。

栄養のある焼きサバは、土用うなぎと同じような
効果があるんでしょうね^^
                                                        
夏至は、冬至のかぼちゃのように、全国的な食べ物の
習慣はありませんが、各地でいろいろな風習があって
おもしろいですね^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

恵方はどうやって決まる?今年(2015年)の方角と恵方が簡単にわかる方法
うなぎ蒲焼きのタレの作り方 簡単~本格的な手作りレシピ
清明とは?意味と読み方、2015年の日にち、二十四節気と食べ物
霜降とは?意味と読み方、日付と行事・食べ物、二十四節気
朔旦冬至とは?2014年は19年に一度の特別な冬至です
小暑2015年の日にち、意味と由来、食べ物・行事、二十四節気
恵方巻きの具材に決まりはあるの?意味と由来、いつから流行ったの?
啓蟄とは?今年の日付と旬の食べ物、雛人形との関係は?
寒露とは?今年(2015年)はいつ?食べ物と意味・由来 二十四節気
大寒とは 2015年はいつ?意味とことわざ 小寒・立春との関係は?
芒種とは?意味と由来、2015年の日にちと食べ物・行事、二十四節気
土用の丑の日の食べ物ってうなぎだけじゃなかったの?
恵方巻きの食べ方のルールと理由、黙って食べる?笑って食べる?
うなぎとごぼうと卵のレシピ 簡単柳川風丼の作り方
うなぎときゅうりの酢の物のレシピ うざくの作り方

Menu

HOME

TOP