おせち料理・ぶりの照り焼き・ホタテうま煮・松風焼きの作り方

おせち料理におすすめの、ホタテうま煮・
ぶり照り焼き・松風焼きの作り方をご紹介します。

おせちだけではなく、普段のおかずや
お弁当にもぜひ!

スポンサードリンク

 

おせち・ホタテうま煮の作り方

6f2f43c8d447156811e05fc4697233e4_s

ホタテが海中で泳ぐ様子が、まるで帆を上げて
進む船のように見えるところから名付けられた
という”ホタテ(帆立)”

新しい年を安全に進めるように、
未来への明るい兆し、という意味があります。

・ホタテ・・・200g
・酒・・・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ1
・砂糖・・・・大さじ1
・醤油・・・・大さじ2
・水・・・・・100cc

1.ホタテは塩水で洗い、臭みをとる。

2.酒・みりん・砂糖・醤油・水を鍋に入れ、
煮立ったところへホタテを入れる。

3.中火で10分くらい煮て出来上がり!

少し面倒ですが、塩水で臭みをとると、
仕上がりが上品な味になりますよ^^

 

おせち・ぶり照り焼きの作り方

a0001_010806

ぶりは大きさによって名前が変わる”出世魚”なので
それにあやかり、立身出世を願う、という意味が
あります。

スポンサードリンク

・ぶり・・・・切り身2枚
・酒・・・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ2
・砂糖・・・・大さじ2
・醤油・・・・大さじ2

1.ぶりの切り身は一口大に切り、ざるに並べ、
熱湯を回しかけて臭みをとる。

2.フライパンでぶりを焼き、ぶりに火が通ったら
いったん取り出す。

3.酒・みりん・砂糖・醤油をフライパンに入れ、
煮立ったところへぶりの切り身を入れる。

4.照りが出てきたら出来上がり!

火を通し過ぎると身が固くなってしまうので、
短時間で!

魚介類全般に言えることですが、最初に臭みを
取り除いておくと、とても上品で、
すっきりした味に仕上がります^^

 

おせち・松風焼きの作り方

松風焼きには、おめでたい松の長寿にあやかる、
という意味があります。

また、扇形に切って、末広がりの意味を
加えることもあります。

・鶏ひき肉・・・300g
・卵・・・・・・1個
・小麦粉・・・・大さじ2
・酒・・・・・・大さじ2
・みりん・・・・大さじ1
・砂糖・・・・・小さじ1
・塩・・・・・・小さじ1/6(1g)
・醤油・・・・・大さじ2
・味噌・・・・・大さじ1
・けしの実・・・適量

1.ボウルにけしの実以外の材料をすべて入れ、
よく混ぜ合わせる。

2.バットに油を薄く塗り、その中に混ぜ合わせた
材料をすべて入れ、けしの実を表面にふりかける。

3.200℃のオーブンで20~25分くらい焼く。

焦げてくるようならアルミホイルを軽くかぶせるなど、
様子を見ながら焼いてください。

けしの実は白ごまでも代用できますよ^^

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP