ブイヤベースの作り方・簡単に本格的な味に仕上がります^^

魚介類たっぷりの洋風鍋といえば、
”ブイヤベース”ですよね!

魚のあらから出汁をとるのは
ちょっと面倒くさいので^^;

ここでは簡単に、でも、本格的な
味に仕上がるレシピをご紹介します^^

スポンサードリンク

 

ブイヤベースとは

フランス・プロヴァンス地方や地中海沿岸の
魚介類の鍋料理で、元々は、地元の漁師さんたちが、
売り物にならない魚を、大鍋で塩のみで煮た家庭料理でした。

それを地元のレストランが取り入れ、改良し、
観光客用に出すようになり、今日の姿になりました。

マルセイユでは”ブイヤベース憲章”というものがあり、

カサゴ・白カサゴ・足長ガニ・ホウボウ・
マトウダイ・アンコウ・西洋アナゴ・オコゼ

以上8つの魚のうち、4種類が入ってないと
いけないんだそうです。

あと、
鯛・ヒラメ・オマール海老・ムール貝類・タコ・イカ
は入れないんだそうです。

私たちが作るときは普通に入れている材料が、
本場ではダメなんですね・・・^^;

入れる野菜や香辛料、出汁をとる小魚の種類も
決められていて、結構細かい取り決めがあるようです。

※参照 wikipedia

 

簡単ブイヤベースの作り方

材料
・海老・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大4尾
・ムール貝orはまぐり・・・・・・・・・4個
・鱈(切り身)・・・・・・・・・・・・・・・・2切れ
・イカ(胴)・・・・・・・・・・・・・・・・・・1杯
・ホタテ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大4個
・玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
・じゃがいも・・・・・・・・・・・・・・・・・2個
・人参・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2本
・セロリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
・にんにく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1かけ

スープ
・水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5カップ
・水煮トマト缶・・・・・・・・・・・・・・・1缶(400gくらい)
・固形スープの素・・・・・・・・・・・・2個
・白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2カップ
・ローリエ・・・・・・・・・・・・・・・・・・2枚
・サフラン・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
・鷹の爪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
・オリーブオイル・・・・・・・・・・・・・大さじ2
・塩・胡椒・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々

スポンサードリンク

作り方

1.材料の下処理をする。
・海老は背ワタを取り、水できれいに洗う。
・ムール貝は貝の表面をたわしなどできれいにする。
・鱈は一口大に切る。
・イカは2cm幅くらいの輪切りにする。
・玉ねぎ・人参・セロリ(筋を取る)はうす切りにする。
・じゃがいもは、食べやすい大きさに切り、
レンジで1~2分加熱しておく。
・にんにくはみじん切りにする。
・サフランは水500mlに浸けておく。

2.鍋にオリーブオイルを熱し、にんにくの香りが出たら
玉ねぎ・人参・セロリを炒める。

3.スープの材料を鍋に入れ、煮立ったら、海老・貝・
鱈・イカ・ホタテ・じゃがいもを入れ、
貝の口が開いたらオリーブオイルをかけて出来上がり!

お好みでアイオリソースを添えて下さい^^

作り方は、マヨネーズ大さじ4とにんにく(すりおろし
たものを少量、チューブなら1㎝くらい)、塩・胡椒・
レモン汁、各少々をよく混ぜるだけです^^

 

まとめ

ブイヤベースには赤ワインより白ワインのほうがよく合います。
中でも、酸味の少ないキリッとした辛口のものがおすすめです^^

また、赤ワインの中でもボジョレーヌーボーは
合わせやすいです。

ボジョレーヌーボーは、
”赤ワインにして、赤ワインにあらず”

と言われるくらい、フレッシュでライトな味わいが特徴なので、
魚介類を使った料理にとても良く合うんです。

ボジョレーヌーボーについて、くわしくはこちら!
ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方はこちら!

ブイヤベースも他の鍋料理と同様、入れる食材に
決まりはありませんので(日本で作る場合です)

好きな魚介類や野菜をどんどん入れて、自分流の
ブイヤベースにもぜひ、挑戦してみてくださいね!

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP