生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

その他のレシピ 鍋レシピ

鍋の肉団子の作り方・つくねとつみれのレシピ

投稿日:2014年10月22日 更新日:

鍋料理の具材として、肉団子(つくね)や
つみれはとても人気がありますね!

今や、鍋料理に欠かせない(!?)存在の
手作りの肉団子(つくね)・つみれのレシピを
ご紹介します。

スポンサードリンク

 

豚ミンチで作る肉団子

材料

・豚ミンチ・・・・・・・・200g
・長ネギみじん切り・・・・大さじ2
・すりおろし生姜・・・・・小さじ1
・卵黄・・・・・・・・・・1個
・小麦粉・・・・・・・・・小さじ2
・がらスープ・・・・・・・小さじ1/4
・塩・・・・・・・・・・・小さじ1/4
・胡椒・・・・・・・・・・少々
・ごま油・・・・・・・・・少々

作り方

1.材料を全てボウルに入れ、粘りが出るまで
しっかり混ぜる。

※混ぜ方が甘いと火を通したとき崩れてしまうので
しっかりと混ぜてください。

2.鍋に入れる場合は、だし汁が沸騰したら最初に入れ、
灰汁をとりながら肉団子に火を通してから、
他の材料を入れる。

ミンチ肉は鶏でも美味しくできます^^
ごま油を少し加えると、本格的な味になりますよ!

 

魚のすり身で作るつみれの作り方

材料

・魚(身の部分)・・・・・200g
・万能ねぎ・・・・・・・・2~3本
・卵黄・・・・・・・・・・1個
・味噌・・・・・・・・・・小さじ1
・酒・・・・・・・・・・・小さじ1
・生姜の絞り汁・・・・・・小さじ1
・片栗粉・・・・・・・・・小さじ2

スポンサーリンク
スポンサードリンク

作り方

1.魚はフードプロセッサーやすり鉢でよくすりつぶす。

※すり鉢でする場合は、先に包丁で細かく切って、
たたいておいてください。

2.万能ねぎは小口切りにし、すりつぶした魚と
その他の材料すべてを、よく混ぜ合わせる。

3.鍋に入れる場合は、だし汁が沸騰したら最初に入れ、
灰汁をとりながらつみれに火を通してから、
他の材料を入れる。

※だし汁の温度が低いとだしが濁るので、
沸騰直前くらいの高い温度の中に入れてください。

 

まとめ

常々、つくねは肉のミンチで作るもの(肉団子と同じ)で、
つみれは魚のすり身で作るもの、と思っていたんですが、

つくね=捏ねる(つくねる)・・・手でこねて丸く成形
したものの総称で、肉・魚関係なく”つくね”と
呼ぶんだそうです。

つみれは、摘入(つみいれ)・・・手で摘んで湯に入れる
元々は成形していないものをさしたそうで、現在は
魚のすり身が主流ですが、肉のミンチで作ったものも
そう呼ぶんだそうです。

よって、肉団子というと肉のミンチで作るもの、
という定義ですが、”つくね”と”つみれ”は
成形しているかそうでないか、で区別するのが
本来の意味のようです。

 

スポンサードリンク
スポンサーリンク

-その他のレシピ, 鍋レシピ
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

洋風トマト鍋の作り方・大人から子供まで大人気です^^

トマト鍋って少し前から大人気ですよね! 子供だけでなく、お酒にも合うので 大人にも大好評です^^ スポンサードリンク 簡単にできる洋風トマト鍋レシピを ご紹介します。 スポンサーリンク スポンサードリ …

ヨーグルトの水切り後に出るホエーのレシピ マリネ・ドリンク他

ヨーグルトの水切り後に出るホエーは 栄養たっぷり! 捨ててしまうのはもったいないですよ! でも、そのまま飲むだけでは飽きてしまって・・・ という時のために、ホエーを使ったレシピを ご紹介しています^^ …

アスパラガスの人気レシピ!豚肉・牛肉料理、お弁当のおかずにも!

アスパラガスと豚肉・牛肉を使った 人気のレシピをご紹介します^^ スポンサードリンク 定番だけど絶品のレシピや、 簡単レンジ調理レシピもありますよ! スポンサーリンク お弁当のおかずにも最適です^^ …

サチャインチとは?ナッツとオイルの効果・効能 簡単レシピ

サチャインチって聞いたことがありますか? アマゾン上流域原産の植物なんですが、 スポンサードリンク その種子(ナッツ)にはとても豊富な 健康成分が含まれているんです! スポンサーリンク サチャインチナ …

ハロウィンの簡単料理の作り方!お料理が苦手な人でもすぐできる^^

もうすぐハロウィンです^^ 自宅で仮装パーティーを開く方も増えているそうですね! パーティー料理を全て用意するのは大変なので、 一人一品ずつ、持ち寄りにする、というのもよく聞きます。 スポンサードリン …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー