生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

その他のレシピ 鍋レシピ

鍋の肉団子の作り方・つくねとつみれのレシピ

投稿日:2014年10月22日 更新日:

鍋料理の具材として、
肉団子(つくね)やつみれは
とても人気がありますね!

今や、鍋料理に欠かせない(!?)存在の
手作りの肉団子(つくね)・つみれのレシピを
ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 
 

豚ミンチで作る肉団子

材料

・豚ミンチ・・・・・・・・200g
・長ネギみじん切り・・・・大さじ2
・すりおろし生姜・・・・・小さじ1
・卵黄・・・・・・・・・・1個
・小麦粉・・・・・・・・・小さじ2
・がらスープ・・・・・・・小さじ1/4
・塩・・・・・・・・・・・小さじ1/4
・胡椒・・・・・・・・・・少々
・ごま油・・・・・・・・・少々
 

作り方

1.材料を全てボウルに入れ、
 粘りが出るまでしっかり混ぜる。

※混ぜ方が甘いと火を通したとき崩れてしまうので
 しっかりと混ぜてください。

2.鍋に入れる場合は、だし汁が沸騰したら最初に入れ、
 灰汁をとりながら肉団子に火を通してから、
 他の材料を入れる。
 

ミンチ肉は鶏でも美味しくできます。
ごま油を少し加えると、本格的な味になりますよ!

 
 

スポンサーリンク

 
 

魚のすり身で作るつみれの作り方

材料

・魚(身の部分)・・・・・200g
・万能ねぎ・・・・・・・・2~3本
・卵黄・・・・・・・・・・1個
・味噌・・・・・・・・・・小さじ1
・酒・・・・・・・・・・・小さじ1
・生姜の絞り汁・・・・・・小さじ1
・片栗粉・・・・・・・・・小さじ2
 

作り方

1.魚はフードプロセッサーやすり鉢でよくすりつぶす。

※すり鉢でする場合は、先に包丁で細かく切って、
 たたいておいてください。

2.万能ねぎは小口切りにし、すりつぶした魚と
 その他の材料すべてを、よく混ぜ合わせる。

3.鍋に入れる場合は、だし汁が沸騰したら最初に入れ、
 灰汁をとりながらつみれに火を通してから、
 他の材料を入れる。
 

※だし汁の温度が低いとだしが濁るので、
 沸騰直前くらいの高い温度の中に入れてください。

 
 

まとめ

常々、つくねは肉のミンチで作るもの(肉団子と同じ)で、
つみれは魚のすり身で作るもの、と思っていたんですが、

つくね=捏ねる(つくねる)・・・手でこねて丸く成形
したものの総称で、肉・魚関係なく”つくね”と
呼ぶんだそうです。
 

つみれは、摘入(つみいれ)・・・手で摘んで湯に入れる
元々は成形していないものをさしたそうで、現在は
魚のすり身が主流ですが、肉のミンチで作ったものも
そう呼ぶんだそうです。
 

よって、肉団子というと肉のミンチで作るもの、
という定義ですが、”つくね”と”つみれ”は
成形しているかそうでないか、で区別するのが
本来の意味のようです。

 
 

スポンサーリンク

-その他のレシピ, 鍋レシピ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

和風鍋の残りをアレンジした簡単メニューをご紹介!

鍋料理って、多く作り過ぎたり、 しめの雑炊やうどんを食べる前に お腹がいっぱいになってしまって 翌日まで残ってしまうことがありますよね・・・ そんな時はアレンジするに限ります! 鍋の残り汁には 野菜や …

ボジョレーヌーボーに合う簡単料理の作り方

普通のワインに比べて フレッシュな味わいの ボジョレーヌーボーには、 どんな料理が合うんでしょうか? 合わせやすい食材や簡単レシピを まとめてみました。   スポンサーリンク

常夜鍋の作り方 簡単でおいしい おすすめレシピ

常夜鍋(じょうやなべ)は、 鍋料理の中でも特に簡単でシンプル、 でも味は絶品!と、 とても人気がありますね! いろいろな常夜鍋がありますが、 ここでは本来の常夜鍋のレシピを ご紹介します。 &nbsp …

中華風鍋の作り方・安くて簡単、野菜がたっぷりヘルシー鍋

中華風鍋は大人はもちろん、 子供にも大人気ですね! 野菜嫌いな子でも、中華鍋にすると たっぷり食べてくれる、 と、ママ友の間で大好評のレシピを ご紹介します!   スポンサーリンク

焼きヨーグルトの作り方 オーブントースターと電子レンジのコツ

ヨーグルトの新料理(!?)焼きヨーグルトが 注目を集めていますね^^ ヨーグルトを焼くって不思議な感じがしますが、 モッツァレラやカッテージチーズみたいになって 美味しいんですよ! スポンサーリンク …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー