小寒とは?2015年は今日(1月6日)が小寒です

今日、2015年1月6日は小寒です。
大寒はよく聞くけれど、小寒って
何なのでしょうか?

大寒や寒中見舞いとの関係も含めて
ご紹介します^^

スポンサードリンク

 

小寒とは?どんな日のことをいうの?

a1180_006939-1

小寒とは、これから寒さが厳しくなる頃、いわゆる
”寒の入り”をあらわす日のことで、新暦(グレゴリオ暦)
において、毎年1月5日頃になります。

今年、2015年は今日、1月6日が小寒です。

小寒から節分までを”寒(かん)”あるいは
”寒の内(かんのうち)”、”寒中(かんちゅう)”といい、
暦の上で、一年で最も寒い時期になります。

二十四節気では、立春から数えて二十三番目にあたり、
次の大寒までの期間をあらわすこともあります。

スポンサードリンク

2015年の大寒は1月20日なので、その前日の
1月19日までが小寒の期間にあたります。

 

寒中見舞いは小寒から?

寒中見舞いは、小寒から立春頃まで、つまり、今年でいうと
1月6日から2月4日頃に相手につくように出します。

一般的には松の内(1月1日~1月7日)までは年賀状、
松の内が明ければ寒中見舞いに切り替える人が多いですね^^

寒中見舞いについてはこちらの記事もご参照ください^^
↓     ↓
寒中見舞いとは?はがきを出す時期とマナー・文例

 

まとめ

寒中見舞いは、喪中はがきが間に合わなかった時や、
先方が喪中と知らずに年賀状を出してしまったときの
お詫びとして用いたり、何かと便利な(!?)側面もありますね^^

今では小寒や寒中見舞いなどは、あまり耳慣れない言葉に
なってしまったかもしれませんが、

日本古来の風習として、これから先、後の世代にも
伝えていきたいですね^^

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

節分でいわしを食べる由来と柊(ひいらぎ)の飾り方
立夏とは?意味と由来、2015年はいつ?食べ物と行事、二十四節気
寒露とは?今年(2015年)はいつ?食べ物と意味・由来 二十四節気
ぼたもちとおはぎの違いって?あんころもち・大福とは?地域差は?
穀雨とは?意味と由来、今年(2015年)はいつ?二十四節気・七十二候
恵方巻きの具材に決まりはあるの?意味と由来、いつから流行ったの?
立秋今年はいつ?秋分との違いは?読み方や意味、風水財布との関係
秋分の日を子供に説明しよう!意味や由来を解りやすく説明します!
朔旦冬至とは?2014年は19年に一度の特別な冬至です
恵方巻きの食べ方のルールと理由、黙って食べる?笑って食べる?
啓蟄とは?今年の日付と旬の食べ物、雛人形との関係は?
うなぎ蒲焼きのタレの作り方 簡単~本格的な手作りレシピ
二十四節気 大雪の意味は?由来と日付、行事・食べ物
土用の丑の日の食べ物ってうなぎだけじゃなかったの?
小暑2015年の日にち、意味と由来、食べ物・行事、二十四節気

Menu

HOME

TOP