おせち料理の作り方・定番メニュー棒鱈のうま煮・ゆりねの含め煮

棒鱈やゆりねはおせち料理の中でも
定番ですね!

子供にも意外と(!?)人気のある
棒鱈のうま煮とゆりねの含め煮の作り方を
ご紹介します。

スポンサードリンク

 

棒鱈のうま煮の作り方

おせち料理に入っている棒鱈は、意味があって、
というより、日持ちするので関西でおせちに
入れたのが始まり、という説もあります。

・棒鱈・・・水で戻したもの500g
・番茶・・・大さじ1

・だし汁・・・3カップ
・酒・・・・・大さじ3
・みりん・・・大さじ3
・砂糖・・・・大さじ5
・醤油・・・・大さじ5

1.棒鱈と番茶(お茶袋に入れる)を鍋に入れ、
灰汁をとりながら30分くらい弱火で煮る。

2・棒鱈を取り出しきれいに洗い、水を切っておく。

3.鍋にだし汁と酒、棒鱈を入れ、
弱火で30分煮込む。

4.みりんと砂糖を加え、10分ほど煮込み、
さらに醤油を加えて煮汁が半分くらいになるまで
弱火で煮込む。

スポンサードリンク

 

ゆりねの含め煮の作り方

ゆりね(百合の球根)は、うろこ状に折り重なった
形状をしているため、”和合”と”平和”を願う、
という意味があります。

・ゆりね・・・・・2個

・だし汁・・・・・2カップ
・酒・・・・・・・大さじ1
・みりん・・・・・大さじ2
・砂糖・・・・・・大さじ1
・塩・・・・・・・小さじ1/3
・醤油・・・・・・大さじ1

1.ゆりねは一片ずつほぐし、変色している部分などを
取り除く。

2.鍋にだし汁と調味料すべてを入れ、一煮立ちさせ、
ゆりねを加えて中火で10分煮る。

3.だし汁に入れたまま冷まして出来上がり。

 

まとめ

棒鱈は、乾燥したものを水で戻してから調理するのは
手間と時間がかかり過ぎるので、水で戻したものを
使うと便利です。

また、短時間でいいので番茶(or緑茶)で煮ると、
臭みが取れて柔らかくなりますよ!

ゆりねはあまり煮過ぎると、柔らかくなりすぎるので
固さを確かめながら煮込んでくださいね^^

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP