子供の熱中症の症状 嘔吐・腹痛・寒気・発熱への対策

暑くなってくると子供の熱中症が心配です・・・、

子供って、少々体調が悪くても、楽しい時は
それに気付かず、見た目は元気なんですよね。

子供は自分の口から
なかなか言わないかもしれませんが、
ちゃんとサインを出しています!

そのサインを見逃さないように、
重症にならないうちに熱中症を未然に防ぎましょう!

スポンサードリンク

子供の熱中症の症状 嘔吐・腹痛の原因

045012-1
熱中症になると、体温を下げようと、血液が
皮膚表面に集まり、内臓への血液循環が悪くなります。

それと同時に、汗によって体内の水分が失われる
体は脳や心臓など、重要臓器を守ろうとして
血管が収縮します。

その刺激によって嘔吐や下痢、腹痛が起こります。
                                                          
対策としては、まず涼しく風通しの良い所に移動し、
衣服を緩め、体を冷やします。

冷やす場所は首筋・脇の下・足の付け根が効果的です。

氷などの場合は、衣服の上からタオルなどに包んで
体に当てるようにしてください。

そして速やかに水分補給をしてください。

嘔吐や下痢は脱水症状を加速させるので、
より多くの水分が必要になります。

摂取させるのは経口補水液が最適です。
                                                          
適切な水分補給法については
こちらの記事をご参照ください。
   ↓    ↓
熱中症を予防する飲料水の作り方と正しい水分補給の仕方
                                                          
出来るだけ早く応急処置をし、回復しない時は
すぐに救急車を呼んでください。

また、回復した場合でも容体が変わることもあるので
医療機関を受診してください。
                                                          

子供の熱中症の症状 寒気・発熱

熱中症の症状で、体温が上がっているのに寒気を感じる
というのは脳が誤作動している証拠です。

これは熱中症がかなり重症化し、
脳に異常をきたしているということなので
ただちに救急車を呼んでください。

                                                          
発熱は、うまく熱を外に発散できずに、
体内に熱がこもることでおこります。

熱中症の症状が比較的軽い場合でも体温は上昇しますが、
多くの場合は40℃未満です。

その場合はとりあえず応急処置をしてください。
                                                          
熱中症になった時の応急処置については
こちらの記事をご参照ください。
   ↓    ↓
熱中症の症状別対策と応急処置の方法について
                                                          
応急処置で回復しない時は
すぐに救急車
を呼んでください。

また、回復した場合でも容体が変わることもあるので
医療機関を受診してください。

スポンサードリンク

                                                          
目安として、40℃近くになるようなら、
体の中枢神経に異常をきたす熱射病を発症している
可能性が高いので、すぐに救急車を呼んでください。

熱射病は命にかかわる危険な症状なので、
一刻を争います!

救急車を呼んだ時に、子供さんの様子を伝え、
救急車が来るまでどう行動すれば良いか、
救急隊員の方の指示に従ってください。

                                                          
また、子供の場合は症状の進行が速く、
あっという間に重症化しかねないので、
今現在、症状が軽いからといって油断は禁物です!

軽い症状で回復した時も、念のため、
早めに病院に行くことをおすすめします。
                                                          
熱中症の種類や症状について、詳しくは
こちらの記事をご参照ください。
   ↓    ↓
熱中症とは なりやすい環境と体の状態 分類といろいろな症状について
                                                          

子供の熱中症を未然に防ぐ対策

子供が熱中症になった時、またはその前触れとなる
症状として、
                                                          
・口や舌、唇が渇いている
・尿の量が少ない
 (小さい子の場合はおむつを替える時にチェックしてください)
・泣いているのに涙が出ない
・汗が多い
・汗が少ない
・元気がない
・機嫌が悪い
・ふらついている
・ぼんやりしている
・呼びかけても反応が弱い
・顔色が悪い
・顔が赤い

                                                          
普段と比べてこのような症状があれば要注意です。

そして、もっと進行すると、嘔吐や下痢、腹痛、
寒気、発熱などの症状が出てきます。
                                                          
いつもと比べておかしいな?と思ったら、
即、応急処置を施してください。

そして、子供は容体が急変しやすいので、
早めに医療機関を受診するようにしてください。
                                                          
また、熱中症予防の対策として、

・体調が悪い時は無理をしない
・帽子をかぶる
・気温が高い時(35℃以上)は運動しない
・水分をしっかり取る
・涼しい服装を心掛ける

ということも大切です。
                                                          

まとめ

子供は大人に比べて体温調節機能が未熟なため、
外気温の影響を受けやすく熱中症になりやすいです。

特に小学生以下の子供には注意が必要です。

ただ、気を付けていても
どうしようもないこともあります。

気付いた時が最速です。
早めに医療機関を受診するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

アスパラガスの栄養と効果、健康に良い成分と美肌効果
ピタヤとは?栄養素と効果・効能とカロリー 食べ頃と食べ方は?
熱中症の症状 頭痛の処置と治し方・対策について
ほうれい線が消える体操 舌回しのやり方 原因と笑顔の関係とは?
熊笹茶の効果と効能、妊婦は飲んでいいの?副作用はある?
正月太り解消のダイエット法・原因と対策を知って体重リセット!
熱中症とは なりやすい環境と体の状態 分類といろいろな症状について
ギー油とは? 効能・効果と栄養成分 ダイエットと1日の摂取量
グルテンフリーダイエットは痩せる?痩せない?メリットとデメリット
ギーの作り方 発酵無塩バターで簡単に!失敗しない作り方と食べ方
インフルエンザ・予防接種の時期、最適なタイミングって?
グルテンフリーダイエットとは?やり方と食べていいもの・いけないもの
ヨーグルトの上澄み液ホエーとは?効果・効能・栄養素・カロリーについて
熱中症の症状別対策と応急処置の方法について
花粉症の症状 風邪との違い、見分け方と対処方法について

Menu

HOME

TOP