インフルエンザ・予防接種の時期、最適なタイミングって?

気温が低くなるにつれ、そろそろ
インフルエンザが気になってきますよね。

特に、受験生を抱えていらっしゃるご家庭では
予防接種を視野に入れておられるのでは
ないでしょうか?

では、予防接種って、いつ頃受けるのが
いいんでしょうか?

スポンサードリンク

<h5>インフルエンザの予防接種はいつ受けたらいい?</h5>


 

インフルエンザが流行するのは、だいたい、年末ごろから
翌年3月上旬ごろです。

インフルエンザワクチンは、接種後、およそ2週間ほどで
効果が現れはじめ、その効果の有効期間は約5ヶ月ほど。

なので、12月初めごろまでには接種しておいたほうが
良いでしょう。

 

<h5>1回接種と2回接種、どちらがいいの?</h5>


 

現在、インフルエンザワクチンの接種方法は、
1回接種と2回接種がありますが、
どちらがいいんでしょうか?

これは、13歳以上なら、原則1回で十分なようです。

スポンサードリンク

昨年度、インフルエンザワクチンの接種を受けていたり、
インフルエンザにかかった人は、1回でも十分効果が
あるようです。

しかし、2回接種したほうがより効果的、
という報告もあり、最終的には接種する本人と医師が、
よく話し合って決めるのが良いでしょう。

13歳未満の子供については2回に分けて
少量ずつ接種するほうが良いようです。

その場合は、1回目の接種から1週間から4週間ほど
間をあけて接種します。

一番効果的なのは1回目接種から3~4週間後くらい
といわれています。

 

<h5>まとめ</h5>


 

インフルエンザにも、A型・B型・C型、さらには
新型まで出てきて、予防接種をしていても、
別の型のものに感染する可能性があります。

なので、インフルエンザワクチンを接種したからといって、
完全に安心することはできません。

まずは、うがいと手洗いを徹底し、体を冷やさず、
睡眠を十分とり、バランスの良い食事を心がけること、
これが一番大事で、一番効果的な予防方法だと思います。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

二日酔いの予防に!飲酒後・飲酒前に気をつけることとは?
ヨーグルトの上澄み液ホエーとは?効果・効能・栄養素・カロリーについて
赤ちゃんの紫外線対策、いつから始める?散歩の時はどうしたらいい?
花粉症対策料理!症状を緩和する食べ物を使ったお手軽簡単レシピ
どくだみ茶の効能とは?妊婦は飲んでも良い?鼻炎やアレルギーには?
熊笹茶の効果と効能、妊婦は飲んでいいの?副作用はある?
ほうれい線が消える体操 舌回しのやり方 原因と笑顔の関係とは?
サチャインチとは?ナッツとオイルの効果・効能 簡単レシピ
インフルエンザ・風邪との違いは?症状と見分け方
半身浴の効果を高める!ちょっとしたコツで効果を上げる方法
花粉症 症状 緩和方法 ハーブやアロマオイルでくしゃみ・鼻づまり対策
正月太り解消のダイエット法・原因と対策を知って体重リセット!
アスパラガスの栄養と効果、健康に良い成分と美肌効果
ギー油とは? 効能・効果と栄養成分 ダイエットと1日の摂取量
熱中症の症状 頭痛の処置と治し方・対策について

Menu

HOME

TOP