つらい夏バテをなんとかしたい!主な症状と対処法

夏バテの症状といえば・・・
・身体がだるい
・食欲が無い
・めまいやふらつき
・やる気がおきない、虚脱感
・便秘・下痢  ・・・etc…

空調設備が整っていなかった時代は、暑さによる
食欲不振からの体重減少・体力の低下などが
夏バテの原因とされてきましたが、

今日では、室内外での温度差や、
身体の冷えなどによる、自律神経の乱れによって
起こることが多いようです。

スポンサードリンク

冷たいものの飲みすぎや、クーラーによる冷えすぎなども、
主な原因の一つですね。

どうして身体が冷えると良くないの?

内蔵が冷える、というのは思った以上に体に負担がかかっているものです。
まずは体を温めるため、湯船にじっくり浸かってみるのもいいでしょう。
そして、体を温める作用のある、根菜類や生姜などを
摂るのもおすすめです。

夏は水分不足になりやすいので、こまめに水分摂取を心掛けている方も
多いと思いますが、その際にも、冷たいドリンクは避け、
常温か温かいものを摂取するようにすると内臓の負担が軽減されるので
良いでしょう。

スポンサードリンク

ストレスや睡眠不足なども夏バテの原因となりますので、
十分な休養をとり、ゆっくり体を休めることも大切です。

また、ビタミン、たんぱく質不足も夏バテの一因となるため、
バランスの良い食事で栄養を摂取することも大事です。

その症状、本当に夏バテ?

夏バテだと思っていたら違う病気が潜んでいることもありえます。

食欲不振や吐き気などは、妊娠の初期症状(つわり)とよく似ていますし、
虚脱感があり、やる気がおきないなどの症状は、
初期のうつ状態とよく似ています。

なので、「どうせ夏バテだろう・・・」と安易に自己判断せずに、
心配な場合は一度、専門医などで診てもらったほうがよいと思います。

まとめ

夏バテといえば真夏のもの、と思っている方もいらっしゃるでしょうが、
夏から秋にかけて、涼しくなってきた頃においても、
十分注意が必要なんです。

夏は無事に乗り切れたけれど、夏の間の疲労が体に蓄積し、
秋口に急にダウン・・・ということも良くあることです。

過ごしやすくなってくるとつい油断がでて、生活が乱れることも
あると思いますが、過酷な夏を乗り切った体を、
十分いたわってあげるのも大切ですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ギーの作り方 発酵無塩バターで簡単に!失敗しない作り方と食べ方
どくだみ茶の効能とは?妊婦は飲んでも良い?鼻炎やアレルギーには?
正月太り解消のダイエット法・原因と対策を知って体重リセット!
便秘を解消する食べ物 チアシードの効果は?ドライいちじくは?
赤ちゃんの紫外線対策、いつから始める?散歩の時はどうしたらいい?
ピタヤボウルのレシピ他、美味しい食べ方をご紹介します!
サチャインチとは?ナッツとオイルの効果・効能 簡単レシピ
熱中症を予防する飲料水の作り方と正しい水分補給の仕方
花粉症の症状 風邪との違い、見分け方と対処方法について
チアシードの効能と効果的な食べ方、栄養成分やカロリー、注意点など
ヨーグルトのホエーを美容に活用!しみ・そばかす・黒ずみをケア
アスパラガスの栄養と効果、健康に良い成分と美肌効果
ほうれい線が消える体操 舌回しのやり方 原因と笑顔の関係とは?
二日酔い解消!飲み物・食べ物どれが効果的?
熱中症の症状 頭痛の処置と治し方・対策について

Menu

HOME

TOP