石狩鍋!本格レシピ、本場・北海道の作り方をご紹介^^

石狩鍋は、北海道発祥ですが、
今や全国的に有名な鍋料理ですよね!

いろんなアレンジがあるんですが、
本場・北海道の本格的な石狩鍋の
レシピをご紹介します。

スポンサードリンク

 

石狩鍋は北海道の郷土料理で、
鮭と味噌を使った鍋料理のことをさします。

名前の由来は、鮭の遡上で有名な石狩川に因んで
”石狩鍋”というようになりました。

本場の石狩鍋は味噌だけで味付けしますが、
今日では、牛乳やバター、酒粕を入れたり、と
いろんな美味しそうなアレンジで、
全国的に愛されている鍋料理の一つです。

仕上げに粉山椒をふりかけるのが
本場流なんだそうですよ^^

 

本場の石狩鍋のレシピ

材料(4人分)

鮭(身)・・・・・・・4切れ
鮭のアラ・・・・・・・頭・中骨 適量
キャベツ・・・・・・・1/4個
玉ねぎ・・・・・・・・1個
長ネギ・・・・・・・・1本
つきこんにゃく・・・・1袋
豆腐・・・・・・・・・1丁
いくら・・・・・・・・適量
山椒の粉・・・・・・・少々
だし昆布・・・・・・・5cm角3枚程度
白味噌・・・・・・・・150g

スポンサードリンク

作り方

1.材料の下準備をする。
・鮭(身)と豆腐は一口大に切る
・鮭(アラ)はぶつ切りにし、下茹でする。
・キャベツはざく切り、玉ねぎはくし形切り、
長ネギは斜め切りにする。
・つきこんにゃくは熱湯に通して灰汁をぬく。

2.鍋にだし昆布と水を入れ、沸騰直前に取り出し、
下茹でした鮭のアラを入れ、弱火で1時間煮る。

3.キャベツ・つきこんにゃくを入れて火にかける。

4.沸騰したら玉ねぎを入れる。

5.鮭(身)と味噌を入れ、鮭に火が通ったら
長ネギを入れる。

6.豆腐をいれ、温まったら火を止め、いくらをちらし、
山椒の粉を少しふりかければ出来上がり!

 

美味しく仕上げるコツ

・灰汁はこまめに取り除いてください。
・味噌を入れてからは煮立てないように気を付けましょう!
・山椒は熱をかけると苦みが出るので、必ず火を止めてから
入れるようにしてください。
・使用する鮭によって含まれる塩分が違うので、味付けは
その時々で調節してくださいね。

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP