生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

健康・美容・ダイエット

熱中症を予防する飲料水の作り方と正しい水分補給の仕方

投稿日:2015年5月27日 更新日:

熱中症は発症しないうちに予防したいですよね!
熱中症の予防には水分補給が大切です。

そこで、摂ると効果的な熱中症を予防する
飲料水の作り方をご紹介します。

簡単に作れるので、ぜひご家庭で
作ってみてください!

スポンサーリンク

 
 

熱中症を予防する飲料水の作り方 経口補水液

b6cdbcf963eb56b48decbfcfdc1624ef_s-1

熱中症の予防には水分補給が大事!
といっても、水分なら何でも良いわけではありません。

市販のスポーツドリンクは糖分が多すぎるので、
大量に飲むと糖分過多になり、人によっては
お腹を下してしまいます。
 

小さい子供などはスポーツドリンクで
お腹を壊す子が割といますよね^^;
 

経口補水液市販とスポーツドリンクとの違い
”電解質濃度と糖分の差”です。
 

スポーツドリンクは経口補水液に比べて
電解質濃度が低く、糖分が高いです。
 

なので、脱水状態における水分補給には
電解質(イオン)と糖分のバランスがとれた
”経口補水液”が好ましいんです!
 

体内への吸収はスポーツドリンクの10倍
とも言われています。
 
 

作り方、というほどでもないくらい簡単です。

材料

水    1リットル
砂糖  40g(大さじ4と1/2杯)
塩    3g(小さじ1/2杯)

果汁(レモンやグレープフルーツなど)少量
 

作り方

1.分量の水・砂糖・塩をペットボトルなどに入れ、
 溶け残りがないようにすべて混ぜる。

2.仕上げにレモンやグレープフルーツなどの果汁を
 少量入れる。
 

たったこれだけです。

果汁は入れ過ぎると電解質バランスが崩れてしまうので、
飲みやすくするための”香り付け程度”にしてください。
 
 

経口補水液は点滴と同じ成分で、
”飲む点滴”とも呼ばれているんですよ!
 

脱水状態の人はこれを美味しいと感じます。
逆に、健康な人はあまりおいしく感じません。

なので、美味しく飲めているなら脱水症状にある、
ということなので、十分注意してくださいね!
 

風邪を引いた時や下痢をした時などにも利用できますよ!
 

手作りのため、いつも一定の濃度のものが作れる
とは限りませんし、日持ちもしません。
(作ったその日に飲むようにしてください)

なので、常備するには市販品を
購入するのもいいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明治アクアサポート 500ml
価格:173円(税込、送料別) (2018/8/11時点)

 

 

スポンサーリンク

 

経口補水液の飲み方と注意点

e313c706d545a0ea55da8462c3d999ce_s-1

経口補水液の飲み方は、

乳児・・・1日に 体重1kgあたり30~50ml
幼児・・・1日に 300~600ml
学童・・・1日に 500~1000ml

を、脱水の症状を見ながら適宜増減してください。
 

上記の量を、1日かけてゆっくり飲む
ようにしてください。
 

一度にたくさん飲んでも体内に吸収されません。
 

暑い日に外出する前に、コップに半分ほど
飲んでから出かけるのもいいですね!
 
 

また、心臓や腎臓に不安のある人には、かえって
体の負担になることもあるので、医師の指示に
従って飲むようにしてください。

乳幼児の場合も同様に、
医師に指示に従うようにしてください。

 
 

経口補水液にはナトリウムやカリウムが
多く含まれています。

熱中症の予防に良いからといって、
飲み過ぎてしまっては、

かえって健康を損ねてしまいますので、
適量を守るようにしてくださいね!
 

また、市販の経口補水液には、
「医師の指導があった場合のみ、使用すること」
との注意書きがあります。

なので、間違っても日常的な水分補給には
使用しないでください

(普段の水分補給にはミネラル入りの麦茶が
 おすすめです)

ecaf90a4b23ebeb83e048ef91d792752_s-1

のどが渇いた・汗を大量にかいた・
ちょっと気分が悪いなぁ・・・
などという軽度の脱水状態の時、

熱中症を予防するために少しずつ飲むのが
良いですね。
 
 

熱中症の種類や症状について、詳しくは
こちらの記事をご参照ください。
   ↓    ↓
熱中症とは なりやすい環境と体の状態 分類といろいろな症状について

 
 

まとめ

乳幼児や高齢者の方は、
体温調節がうまくできない人が多いんです。

乳幼児は体温調節機関が未発達、高齢者の方は
体温調節機能が加齢とともに弱くなり、
暑さ・寒さを感じにくくなっています。

なので、割と高温の中でも耐えることができ、
(高温だと気付かずに)
気付いた時には熱中症を発症している方が多いです。

普段から少しずつ経口補水液で熱中症の予防を
心掛けて下さい。

スポンサーリンク

-健康・美容・ダイエット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

正月太り解消のダイエット法・原因と対策を知って体重リセット!

お正月は飲んで食べて・・・ 久しぶりにまとまった休日を 家でゆっくりと過ごせますね! でも、楽しかった正月休みが終わり、 現実に戻ると、体重が・・・ 短期間の体重増の原因をしっかり把握し、 正しい対策 …

甘酒の作り方 酒粕で簡単!砂糖なしでカロリーOFFレシピもご紹介!

甘酒って、作るの難しいのかな? なんて思っていたんですが、 酒粕を使った甘酒なら、 とても簡単に作れてしまうんですよ! 市販の酒粕甘酒と違い、 甘みを自分でコントロールできるところが 手作り最大の魅力 …

アップルソースのデザートレシピ 超簡単!カロリー控えめ

アップルソースのデザートレシピのご紹介です! レシピというほどの大袈裟なものじゃないくらい、 超簡単なものばかりです^^; スポンサーリンク カロリー控えめなので、ダイエット中のおやつにもどうぞ! ス …

アーモンドオイルの使い方 髪・顔・肌への効果的な順番

アーモンドオイルが美容に良いと 注目されていますね! 肌馴染みが良く、髪や顔、その他 全身へ使うことができる万能オイルです。 食べるだけじゃもったいない! そんなアーモンドオイルの効果的な 使い方と効 …

カカオニブとは?効果・効能と1日の摂取量 食べ方

今話題のスーパーフード”カカオニブ” カカオニブって何? どんな効果(効能)があるの? 1日にどのくらい摂るのが良い? 食べ方がわからない! など、カカオニブについての疑問を徹底調査しました! &nb …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー