生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

健康・美容・ダイエット

アサイーのポリフェノールの種類は?効果・効能と含有量について

投稿日:2018年8月5日 更新日:

スーパーフードとして大人気の
アサイーには、

ポリフェノールの含有量が高くて、
その効果・効能が注目されています。

ポリフェノールの種類や
何に効くのか、など、

アサイーのポリフェノールについて
まとめました。

スポンサーリンク

 
 

アサイーのポリフェノールの種類は?


ポリフェノールは、
ほとんどの植物に含まれていて、

その数は、5000種類以上だと
いわれています。
 

ポリフェノールは、
植物の色素や苦み・渋み成分などで、

紫外線による活性酸素を無害化する
抗酸化物質です。
 

代表的ないくつかの種類を挙げると、

  フラボノイド類
    └─フラボノイド
     ・アントシアニン
       (アサイー・ブルーベリー・ビルベリーなど)
     ・フラバン
       └─カテキン
         (緑茶など)
     ・フラボノール
       └─ケルセチン
         (玉ねぎ・そばなど)
     ・イソフラボノイド
       └─イソフラボン
         (大豆などマメ科の植物)
  
  フェノール酸
    └─クロロゲン酸
      (コーヒーなど)

  エラグ酸
   (イチゴ・ラズベリー・クランベリーなど)
  
  リグナン
   (ごま・穀類など)
  
  クルクミン
   (ウコンなど)
  
  クマリン
   (桜の葉・シナモンなど)

 

アサイーに含まれている主なポリフェノールは
アントシアニンという紫色の色素です。

目に良いとされるブルーベリーの色素や
赤ワインの色素などと同じものです。

 
 

アサイーのポリフェノールの効果・効能は?


アサイーに含まれるポリフェノール・
アントシアニンの効果・効能は

 

・活性酸素の抑制

 活性酸素は免疫力UPなど、
 体に必要な働きをするものですが、
 過剰になると害を及ぼします。

 様々な生活習慣病や、癌などの要因になったり、
 内臓や皮膚など、体中の老化を引き起こしたりします。

 アサイーに含まれるポリフェノール・アントシアニンは、
 活性酸素の害を防ぐ役割があります。

 

・血流促進・冷え性の予防

 アントシアニンの持つ血管拡張作用により、
 末梢神経の血流が促され、冷え性改善に
 効果的です。
 
 

・血管系疾患の予防

 抗炎症作用や血管拡張作用により、
 心筋梗塞や脳梗塞などの疾患予防効果が
 期待されています。

 

・肝機能回復

 アントシアニンの抗酸化作用が、
 肝臓に蓄積した有害物質の解毒・排出を助けます。

 

・眼精疲労の回復とそれによる視力の改善

 アントシアニンには眼精疲労の回復効果があり、
 眼精疲労による視力低下の回復を改善・予防します。

 

・白内障・緑内障の予防

 抗酸化作用により水晶体の白濁(白内障)を防ぎ
 目の血流増加によって眼圧を下げ、緑内障を
 予防や進行を抑制します。

 

・脂肪の蓄積を抑制する

 アントシアニンは自律神経を活発化させ、
 代謝機能を高めるため、蓄えられた脂肪を燃やしたり、
 蓄積を予防(脂肪の合成力が低下)する効果が
 期待できます。

 

・血糖値の上昇抑制、糖尿病・糖尿病合併症の予防・改善

 インスリン抵抗性(分泌されたインスリンの効果が
 発揮されない状態)が改善されるため、結果、

 血糖値が下がり、糖尿病や糖尿病合併症
 (糖尿病性網膜症など)の予防・改善の役割を
 果たします。

 

・花粉症の予防

 アントシアニンには、免疫の過剰反応によって
 発生するヒスタミンを抑える効果があります。

 

・アンチエイジング

 活性酸素を抑制することで、
 シミ・しわなどを予防します。

 

などのような効果が期待できます。

 

スポンサーリンク

 

アサイーのポリフェノールの含有量について

アサイーには、果実100gあたり4500mgもの
ポリフェノールが含まれていて、

これは、カシスの約7倍、
ブルーベリーの約18倍だといわれています。
 

でも、アサイー自体、情報量が少ないので、
この数字は生の果実に対してかもしれません。

また、種も含めての数字かどうか、
それもはっきりしません。

※アサイーは実の中にぎっしり種が詰まっており、
 可食部は5%しかありません。

 

日本に輸入されているアサイーは、
パウダー状や冷凍パルプ(ピューレ状)のもので、

その濃縮度によってもポリフェノールの
含有量が変わってくるので、

袋に表示されている数字を参考にしてください。

 

マキベリーとアサイーの違いって?ポリフェノールの量や効果を比較

マキベリーとは?栄養成分と効果・効能 パウダーの食べ方と1日の摂取量

アサイーの鉄分について 貧血予防には効果的?危険性と注意点

アサイーとは 何に効く?なぜ人気?栄養と効果・効能を徹底分析

 
 

まとめ

アサイーのポリフェノールには
様々な効果がありましたね!

有名人をはじめ、多くの人の口コミから、
効果があるのは確かだと思います。

ただ、体に合う、合わないがあるので、
全員の人に効果的だとは言えないです。

なので、あとは自分で飲んで(食べて)、
確認するよりほかはないので、
ぜひ一度、試してみてください!

スポンサーリンク

-健康・美容・ダイエット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アーモンドミルクの作り方 ミキサーで簡単手作り 残りかすも再利用!

大人気のアーモンドミルクですが、 市販のものを買い続けるのは高くつくし、 添加物なども心配で・・・ という時は、手作りしてしまいましょう! 意外と簡単に作れるんですよ^^ 自家製なら無添加で、 甘みも …

熱中症の症状 頭痛の応急処置と対策について

熱中症が原因の頭痛って、 普通の頭痛と 処置法が違うんでしょうか?   同じ頭痛だからといって、 いつもの頭痛薬を飲んでも あまり効果はありません!   熱中症になった時の頭痛の応 …

グルテンフリーダイエットは痩せる?痩せない?メリットとデメリット

海外セレブの間で流行っている ”グルテンフリーダイエット” はたして痩せるのか、痩せないのか・・・ 効果はあるんでしょうか? グルテンフリーダイエットの メリットとデメリット、 疑問点などをまとめまし …

甘酒の効果で酒粕と米麹の違い 飲むタイミングと1日に飲む量はどのくらい?

様々な効果・効能で 人気の甘酒ですが、 酒粕を主原料とする甘酒と、 米麹を主原料とする甘酒の 2種類がありますよね?   それぞれの違いってご存知ですか?   どちらも体に良いのは …

アーモンドプードル 生とローストの違い 皮付きと皮なしの使い分け

アーモンドプードルには 生とロースト、皮付きと皮なしがありますが それぞれの違いをご存知ですか? 色や見た目の違いの他に、 これらの味や食感の特徴など、 また、合うお菓子や使い分け方 等をご紹介します …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー


    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/nayamikaisyo/kamyyusy.com/public_html/wp-content/plugins/collapsing-categories/collapscatlist.php on line 134