生活情報

健康・食(レシピ)行事など、さまざまなお役立ち情報をご紹介します!

健康・美容・ダイエット

インフルエンザ・風邪との違いは?症状と見分け方

投稿日:2014年11月2日 更新日:

インフルエンザは
10歳未満の子供の場合、

重症化しやすいので
注意が必要です。

子供が熱を出したとき、
普通の風邪か、

インフルエンザかを見分けるための、
特徴的な症状をまとめました。

 

スポンサーリンク

 
 

インフルエンザと風邪はどう違う?見分け方は?

インフルエンザと風邪は
症状がよく似ているので
間違えやすいですよね。

 

風邪の症状は

良く知られている
風邪の症状が徐々にあらわれます。

・鼻水、鼻づまり、くしゃみ、咳、のどの痛み etc…

・鼻水が引き始めから出る。

・発熱しないか、微熱、時に38℃くらいの熱が出る。

・筋肉痛、関節痛、悪寒、頭痛、倦怠感、などの
 全身症状は少ない。

 

インフルエンザの症状は

・筋肉痛、関節痛、悪寒、頭痛、倦怠感、
 などの全身症状や、
 38℃以上の高熱が急にあらわれる。

・鼻水は後から出る。
 (最初は風邪の症状が見られない)

 

急激な全身症状が有るか、無いか、および
風邪の症状が有るか、無いか、
が一つの判断材料となります。
 

また、風邪は合併症が少ないですが、

インフルエンザは、
インフルエンザ脳症・脳炎、肺炎、
けいれんなどの合併症が

特に子供は出やすいので要注意です。
 

医者にかかるタイミングとしては、
インフルエンザかどうかは、

高熱が出始めてから
24時間ほど経たないと診断できません。
 

しかし、インフルエンザ脳症・脳炎は
発熱から数時間から1日で発症する確率が
80%だといわれています。
 

24時間以内では抗体反応が出ないので、
医者に行っても

「様子を見ましょう」

と言われるだけになるかもしれませんが、
脳症・脳炎のことを考えると、
早めに受診しておいたほうが安心です。
 

水分補給ができなかったり、尿が出ない、
痙攣などの深刻な症状がない場合、

1日程度は様子見を、
という医師もおられるかと思いますが、

脳症・脳炎について早めに相談に行く、
というのも視野に入れておいたほうが
良いかもしれません。

 
 

お母さん!子供に安易に解熱剤を飲まさないで!!

子供が熱を出して苦しんでいるのを
見るのは辛いですよね・・・

でも、
「少しでも楽にしてあげたい」
と解熱剤を飲ませるのは

大変危険なので、絶対にやめてください!!

薬によってはインフルエンザ脳症・脳炎を
重症化させてしまうこともあるんです。
 

熱は体が免疫力を高めて
ウイルスを排除しようと
戦っている過程で出るものです。
(39℃くらいが一番免疫力が高まっています)
 

解熱剤は一時しのぎであって、
病状が回復するのではありません。
 

熱を下げることによって、
ウイルスの勢いが増して、

かえって症状が悪化したり、
長引かせてしまうこともあります。
 

私の子供が高熱を出したときに、
掛かり付けの医師に
言われたことなんですが、
 

「高熱だけで脳炎になることは絶対にありません。
むしろ、解熱剤を使っての熱の昇降により、
頭の硬膜や髄膜に負担がかかり、それが原因で
脳炎や髄膜炎を起こすことのほうが怖いんです。」
 

ということでした。
 

なので、むやみに解熱剤を飲まさず、
水分をしっかり採らせて
早めに掛かり付け医で受診してください。
 

これは、インフルエンザだけではなく、
高熱を出したときすべてに言えることです。

 
 

スポンサーリンク

 
 

インフルエンザ脳症・脳炎について

インフルエンザ脳症・脳炎とは、
インフルエンザにかかったときにおこる合併症で、
未就学児が発症しやすいようです。
 

はっきりとした発症の原因は解っていないようですが、
発熱後、約80%が数時間から1日以内に
発症しているそうです。
 

症状は、

・異常行動や意味不明の言動

 突然叫ぶ・泣きわめく・ろれつがまわらない・
 家族の顔がわからない、幻聴・幻覚  など
 

・意識障害

 意識が朦朧としている、呼んでも返事がない、
 痛みに反応しない、目の焦点が合っていない  など
 

・けいれん

 手足を硬直させガクッガクッと痙攣する
 ブルブル震えるように痙攣する
 意識が無くなる
 白目をむく   など
 

これらの症状が10分以上続くようなら、
すぐに受診するようにしてください。

 
 

スポンサーリンク

-健康・美容・ダイエット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

熱中症の症状 頭痛の応急処置と対策について

熱中症が原因の頭痛って、 普通の頭痛と 処置法が違うんでしょうか?   同じ頭痛だからといって、 いつもの頭痛薬を飲んでも あまり効果はありません!   熱中症になった時の頭痛の応 …

子供の熱中症の症状 嘔吐・腹痛・寒気・発熱への対策

暑くなってくると 子供の熱中症が心配ですね・・・   子供って、少々体調が悪くても、 楽しい時はそれに気付かず、 見た目は元気なんですよね。   子供は自分の口から なかなか言わな …

サジー(シーバックソーン)とは?栄養成分と効果・効能、オイルについて

サジー(シーバックソーン)が少し前から人気ですね! サジーとは何か?その栄養成分や、どんな効果・効能があるか など、サジー(シーバックソーン)についてまとめました。 スポンサーリンク

熱中症を予防する飲料水の作り方と正しい水分補給の仕方

熱中症は発症しないうちに 予防したいですよね!   熱中症の予防には 水分補給が大切です。   そこで、摂ると効果的な 熱中症を予防する飲料水の作り方を ご紹介します。 &nbsp …

ドライいちじくの効果効能、イラン産とトルコ産の違いとおいしい食べ方

ドライフルーツが今、大人気ですね! 中でも注目なのが ドライいちじくなんです。   それもそのはず、ドライいちじくって 栄養がすごいんです!   注目のドライいちじくの産地別の特徴 …

良く読まれている記事

  • 該当なし

カテゴリー